起業家の成功を応援することで、人と社会に活力を提供していくこと、それが私たちのミッションです。
TOP サービス・商品 対談・インタビュー プロフェッショナル サイトマップ

メルマガ発行部数日本一「平成・進化論。」起業成功秘話

 
VOL.2
鮒谷流起業成功3つのポイント

今回は、有望ベンチャー企業約20社以上に出資する事業成功者であり、メルマガ発行数日本一(約40万人)『平成・進化論。』発行者の鮒谷氏に、起業成功の秘訣とこれからのメルマガ活用方法についてお伺いした。


ゲスト:鮒谷 周史(ふなたに しゅうじ)
有限会社セカンドステージ 代表取締役

<プロフィール>
大阪府出身。早稲田大学商学部卒。
株式会社リクルートを経て、米大手通信会社ワールドコム日本法人大阪事業所の立ち上げに携わる。その後、アメリカ合衆国史上最大の経営破綻となった、ワールドコム社の倒産に巻き込まれ退職。起業する。会社設立と同時に独自の「かけ算思考」でビジネスを飛躍的に成長させ、起業3年で会社員時代からの年収を約20倍に伸ばす。

第一線で活躍する経営者をはじめとする優秀なビジネスパーソンとの交流を通した学びを綴る日刊配信のメールマガジン「平成・進化論。」は、約40万人の経営者、若手ビジネスパーソンなどから絶大な支持を得ている。(まぐまぐ発行部数ランキング1位)

現在、同メールマガジンの企画・運営事業のほか、IT関連、環境関連、飲食関連、ホテル事業など有望ベンチャー企業、約20社に出資する投資家としても活躍。それらの会社の社外取締役、顧問などとして積極的に経営サポートも行っている。著書に『仕事は、かけ算。』(かんき出版)がある。

海外の在留邦人を支援するJBN(在留邦人ビジネスネットワーク)をベストセラー著者兼ベンチャー経営者でもある石田淳、泉正人、嶋津良智、本田直之の4人と共に設立。同会のボードメンバーとしても活動している。


今まだから言える、成功や失敗はありますか?

思い当たる失敗はないんです。
うまくいったポイントは、自分の強みと環境がはまったことでしょうか。

 

具体的には?

主に3つあります。

【その1】パラダイムが切り替わった
起業前に私は、経営者というパラダイムに切り替わっていました。
勤めながら起業を考えている方は、起業しか考えられないという気持ちにならなければ、
うまくいかないと私は思います。

 

【その2】食べていくための最低限の力
パラダイムが切り替わっても、食べていくための力は最低限必要です。
その力がない状態で起業してしまうと、軌道に乗る前にもたなくなってしまいます
食べていくための力がある状態で起業できれば、余剰のお金や時間を能力開発に投資していくことができ、
結果大きな軌道に乗ることができます。

食べていくための力がないと、
ジリ貧生活が続き、継続が難しくなります。
0.9×0.9×0.9×0.9・・・・≒0

食べていくための力がある状態だと、
余剰の投資が、やがて大きな成果につながります。
1.1×1.1×1.1×1.1・・・・≒∞

ほんのわずかな原因の違いで、結果に大きな違いが生まれます。
問題は時間をどこに投げ込むかだと思います。
その投げ込む先が、私はメルマガでした。

最近は不景気だと言われていますが、大手企業であれば景気に影響されるかもしれませんが、
起業にはさほど関係ないと私は思っています。

日本には1500兆円のお金が眠っているわけだし、
1億数千万人の人が世界有数の経済大国としてお金を動かしているわけで、
その中の大海の一滴のお金を拾っただけで十二分に食べていくことは容易だと言えますし、
起業家にはそういう発想が大切
だと思います。

 

【その3】環境を見極める
パラダイムを切り替え、食べていく力を見につけたら、環境を見極めることが大切だと思います。

私の起業した当初を例に上げると、ブロードバンドが広まり始め、
一般的にネットが普及し始めた2003年というのは、メルマガが私の強みを活かせる環境だったと言えます。

当時は、今のように迷惑メールはそれほどこなかったですし、
情報がタダで手に入れられること自体が珍しい時代でした。

・可処分(自由に使える)時間>情報量

今は手に入る情報が圧倒的に多くなってしまい、環境が変わったと言えるでしょう。

・可処分(自由に使える)時間<情報量

 

有望ベンチャー企業約20社以上に出資し、事業成功者としても知られている鮒谷さんが、
大切にしている価値観はありますか?

私が非常に大切にしている価値観は、人と人とのつながりを大事にすることです。
もう一つは、短期より長期的な視点を大切にしています。

長い目で見た時にプラスになるかマイナスになるかを基準に考えますし、
それは長期であればあるほど望ましい。年輪人生・年輪経営を大切にしています。

 

では、ビジネスに対してはどのように考えですか?

 生涯勉強して行きたいと思っています。
世の中が凄い勢いで変化し陳腐化していく現代で、それを自分で事業をしようと考えた場合は、
常に新しい考え方、新しい知識を身につけていかなければならないし、それでも足りないところは
人と協業しながら、自分自身をアップデートし続けていきたい
と思っています。

 

まさに平成進化論ですね!鮒谷さんはどういう人と一緒に仕事がしたいとお考えですか?

 自分と近い価値観を持っている方、共有できる方と一緒に仕事がしたいと思っています。
どれだけ優秀な人でも、たとえばお金が全てだと思っている方とは、私は一緒に仕事は出来ません

ゲスト:鮒谷 周史(ふなたに しゅうじ)
有限会社セカンドステージ 代表取締役

<プロフィール>
有限会社セカンドステージ代表取締役。大阪府出身。早稲田大学商学部卒。
株式会社リクルートを経て、米大手通信会社ワールドコム日本法人大阪事業所の立ち上げに携わる。その後、アメリカ合衆国史上最大の経営破綻となった、ワールドコム社の倒産に巻き込まれ退職。起業する。会社設立と同時に独自の「かけ算思考」でビジネスを飛躍的に成長させ、起業3年で会社員時代からの年収を約20倍に伸ばす。

第一線で活躍する経営者をはじめとする優秀なビジネスパーソンとの交流を通した学びを綴る日刊配信のメールマガジン「平成・進化論。」は、約40万人の経営者、若手ビジネスパーソンなどから絶大な支持を得ている。(まぐまぐ発行部数ランキング1位)

現在、同メールマガジンの企画・運営事業のほか、IT関連、環境関連、飲食関連、ホテル事業など有望ベンチャー企業、約20社に出資する投資家としても活躍。それらの会社の社外取締役、顧問などとして積極的に経営サポートも行っている。著書に『仕事は、かけ算。』(かんき出版)がある。

海外の在留邦人を支援するJBN(在留邦人ビジネスネットワーク)をベストセラー著者兼ベンチャー経営者でもある石田淳、泉正人、嶋津良智、本田直之の4人と共に設立。同会のボードメンバーとしても活動している。

ナビゲーター:株式会社アトラル
代表取締役/山下健一(やました けんいち)

<プロフィール>
新卒で会計コンサルタント、新規開拓営業として急成長のベンチャー企業に入社。入社して3ヶ月目から営業実績表彰を多数受賞。トップセールスマンとしてクライアント数延べ約107社を担当し、会計経営コンサルタントとしてクライアント企業に毎月のコンサルティングと状況に応じた税理士・司法書士・社労士・弁護士・行政書士などのアレンジメントを行う。
平成15年、インターネットマーケティング活用した急成長中のクライアント企業へ経営幹部としてヘッドハンティングされ、CFO(財務管理責任者)、人事責任者、経営戦略に従事。新卒・中途合わせ、選考人数1,500名を超える。同社は現在、オリコン人気投票2年連続1位を獲得するまでの優良企業で知られる。
平成18年に株式会社アトラル(旧リンカーン)を設立し、代表取締役に就任。中立な立場から、中小企業にピッタリの税理士紹介サービス「税理士紹介相談所」サイト運営スタート
税理士

制作提供:(株)アトラル 296会社.com (作ろう会社どっとこむ)事業部
(C)2008 Attral Co., LTd., All rights reserved.296会社.com
メルマガ登録

メールアドレス:


気になる中身はこちら

会社設立代行
 【会社設立
会社設立
税理紹介相談所
税理士
税理士紹介
起業家タイプ診断

296会社オリジナル!
30秒で分かる!あなたの強みを活かした経営スタイル

無料実施中!!〜

大人気教材
全12枚通信CDコース

独立・起業の不安解消!
先輩経営者に学ぶ!
あなたにあった安定したビジネスモデルを見つける10の教え

>> お申込みはこちら

3枚組CDセット

起業家から一歩前進・脱却し経営者として継続成功し続けるためのビジネスモデルの構築

>> お申込みはこちら

運営者ブログ

運営者:山下のブログはこちら

 
〜 失敗しないための起業準備 〜
〜 優秀な経営者の必須事項 〜
〜 全国の各役所一覧 〜
運営者案内 免責事項 広告掲載 特定商取引 プライバシーポリシー TOP